ミルク科学研究室の歴史

History of the Milk Science Laboratory

ミルク科学研究室の歴史

 昭和36年(1961年)4月に、小山進助教授(当時)により畜産物利用学研究室が開設された。実は小山進先生は、恩師の佐々木林治郎先生(東京大学教授)が日本大学に移られるのに伴い、本学に奉職されることになっていたが、佐々木先生が昭和35年2月に急逝されため、お一人で本学に着任された。当時は研究室とは名ばかりで、ビーカーひとつない環境であったと伝え聞いている。
昭和46年(1971年)より畜産製造学第二研究室に名称変更し、東京校舎の6号館(図書館棟)4階に研究室を移設した。その後、藤沢校舎にミルクプラントが完成したので、ミルクプラント2階に研究室を移設した。昭和58年4月(1983年)より増田哲也が助手として採用されることとなったが、同月に小山進教授が急逝された。なお、昭和59年(1984年)4月より、畜産製造学第一研究室(宮原専任講師)と統合して研究室名を「畜産製造学研究室」に名称を変更した。さらに平成2年(1990年)4月に畜産試験場(当時)の場長であった森地敏樹先生が教授として着任し、「畜産食品科学研究室」に名称変更した。
 平成13年(2001年)4月より前東北大学教授の伊藤敞敏先生が教授として着任された。
平成19年(2007年)4月にミルクプラントの廃止に伴い、研究室を6号館4階に移設した。
平成23年(2011年)4月より、増田哲也が教授となり、研究室名をミルク科学研究室とした。平成25年(2013年)4月に東北大学より川井泰先生が准教授として着任された。平成31年(2019年)3月で増田哲也は定年となり、同年4月より川井泰先生が教授になられた。

(文責 増田 哲也)

指導、教育体制

ミルク科学研究室は、川井泰教授と増田哲也特任教授の2名体制で指導、教育を行っております。

ほかにも複数の大学院生がサポートを行っています。

お問い合わせ

  • 日本大学生物資源科学部
    動物資源科学科
    ミルク科学研究室(6号館4階)
    〒252-0880
    神奈川県藤沢市亀井野1866
  • TEL 0466-84-3658(川井)
    TEL 0466-84-3662(増田)
    FAX 0466-84-3662
  • ミルク科学研究室(6号館4階) 在室時間 9:00~18:00
  • 在室日 月曜日~金曜日 ※ただし、企業訪問、学会出張、年末年始、学校の指定する休日は不在となります。