ゼミ紹介

フードコーディネート研究室(谷米ゼミ)

担当教員紹介

谷米温子 准教授

谷米温子 准教授

(たにごめ あつこ)

准教授/博士(学術)

担当科目

フードコーディネート論/フードコーディネート実習/食品の官能評価・鑑別論/調理学実習

現在の研究テーマ

[1]介護食の食品物性に関する研究
[2]高齢社会における食事形態に関する研究

教員メッセージ

「フードコーディネート研究室でしかできない経験をしよう!」を合言葉に様々なことを企画し、チャレンジしたい人を応援します。ゼミは自ら作るもの。チャンスをつかんで、高みを目指して一緒に成長しましょう。

主なゼミの内容

ライフスタイルの変化や高齢社会に対して、文系・理系問わず学際的な視点からアプローチし、食卓から人々の「食」をより豊かにすることについて考えていきます。
ケーブルテレビの藤沢市広報番組内「ふじさわごはん」では、市内で生産される旬の食材を使った1品を紹介するコーナーを担当(2013年~)。(詳しくは「ふじさわごはんの取り組み」ページをご覧ください。)その経験を生かして藤沢産キノアを使って飲食店さんとコラボするなど、「地産地消」をテーマにレシピ開発を行っています。また、かながわ食育フェスタでは子供に食を身近に感じてもらえる企画を実施(2015年~)、好評を得ています。食品メーカーとのレシピコンテスト開催(2018年~)など社会につながった実学の経験を通じ、自ら考える力を養っています。

主な卒論テーマ

  • 現代の食生活と今後の食育
  • 味覚を豊かにする方法
  • エシカル消費について
  • だしの減塩効果について
  • 摂食障害10代女子の傾向と対策
  • 紅茶と食事のペアリングについて
  • お菓子と健康について
  • 日本のクリスマスとハロウィンについて
  • コンビニの販売促進について
  • ファスト社会と現状と課題

など

主な就職先

モランボン、オタフクソース、フジッコ、シダックス、モスフードサービス、高山、パルシステム生活協同組合、ローソン、日本ハム食品、キッコーマンソイフーズ など

ゼミの風景

藤沢産キノアの商品開発をプレゼンし審査員特別賞を受賞

白子のりプレゼンツ海苔レシピコンテストの審査の様子

収穫Goでは農家さんに直接教えてもらいながら撮影

藤沢市役所の福祉喫茶に定食メニューのレシピを提供

pagetop pagetop