ゼミ紹介

食品企業組織論研究室(佐藤ゼミ)

担当教員紹介

佐藤奨平 専任講師

佐藤奨平 専任講師

(さとう しょうへい)

専任講師/博士(生物資源科学)

担当科目

食品企業経営学/人材マネジメント論/食品企業と社会的責任

現在の研究テーマ

[1]食品企業経営史
[2]フードイノベーションとアントレプレナーシップ
[3]サステナブル・フードシステムの構造と動態
[4]フードバリューチェーン構築

教員メッセージ

習慣化が大きな力を与えてくれます。自身の課題でもあります。本を読もう、毎日。答えを見つけよう、毎週。プレゼンをしよう、毎月。論文を書こう、毎年。現場に足を運ぼう、何年も。研究室でお会いしましょう。

主なゼミの内容

「現場で汗をかこう」――これが研究室の合言葉です。意外に思うかもしれませんが、悔しいことに、現場のほうが研究よりも先に行っている(現場が最先端!)、それが現在の食品ビジネスの世界です。しかし、そんなことを言ってばかりもいられません。

食品企業組織論研究室では、現場でのフィールドワークを通して、まだ教科書には載っていない、一つの正解だけではない、いくつもの答えを見つけていきます。

研究室では現在、さまざまな社会課題(イシュー)の解決に向けて、産官学連携でプロジェクト研究に取り組み、現場においてビジネスモデルの立案・実証を試みています。

実証研究の結果は、大学生の研究発表大会であるアグリカルチャーコンペティション等で発表しています。2020年度は、アグコンの実践的研究分野において2チームがダブルでブロック優勝を果たしました。汗をかいた成果と言えるでしょう。

主な卒論テーマ

  • ヒット食品の成立条件に関する研究-食糧年鑑データの抽出分析から-
  • 企業家のパーソナリティ分析-分析心理学からの接近-
  • 日本市場における外資系外食産業のビジネス戦略に関する研究
  • 大手食品企業の財務諸表分析-株式会社ヤクルト本社と日本ハム株式会社を対象として-
  • マグロのフードシステム研究-台湾・日本の関係に焦点を当てて-
  • 国産和牛・外国産wagyuフードシステムの国際比較研究-これまでと今後の展望-
  • 有機農産物・食品市場の展開と消費者意識に関する研究-店舗調査・官能評価・アンケート調査を通じて-
  • 中食のマネジメントシステムに関する研究-コンビニエンスストアとスーパーマーケットの比較分析-
  • 海老名サービスエリアの経営戦略と今日的役割に関する研究-上り線・下り線の現地調査から-
  • レトロ自販機の経営実態と今日的意義に関する研究-中古タイヤ市場相模原店レトロ自販機コーナーからの接近-

など

主な就職先

中部飼料、東都水産、東京シティ青果、横浜丸中青果、紀文産業、JA東京中央、日本年金機構、本学部研究生 など

ゼミの風景

現場では新たな発見の連続

フィールドワーク前後も現場と戦略会議

ビジネスモデルをプレゼンテーションで磨き上げる

面白い研究だとプロにも褒めてもらえる

pagetop pagetop