特色

特色

獣医学は動物医療を通して社会・人類に貢献する学問です

 獣医学科は”獣医師養成”を基本目標とする学科です。ここで学ぶ獣医学という学問は動物医療を根幹とする応用科学で、動物の健康維持・増進を図るとともに、人類の健康と福祉に貢献することを理念としています。その達成のために、生命活動のメカニ ズムの探求や、疾病の診断・治療・予防、公衆衛生、野生動物の保護と環境保全など広範囲な領域をカバーしています。

総合大学のスケールメリットを生かした、多彩な教育・研究

 日本大学獣医学科は、農学系の総合学部である生物資源科学部の一学科ですが、その規模は他の私立獣医系大学と同等またはそれ以上の規模を持っています。また、日本大学のスケールメリットを生かし、豊富かつ多彩な人材、研究施設を生かした教育・研究が行われているのが特徴です。

獣医学科の入学者受入れの方針(アドミッションポリシー:AP)

 日本大学生物資源科学部獣医学科では,動物の健康維持・増進・福祉を図るとともに,人の健康と福祉に携わり,地域社会及び国際社会に貢献できる獣医師の育成に力を注いでおり,次のような人材を求めている。
[AP1] 日本大学の自主創造の理念を理解し,自ら切り拓こうと努力する人
[AP2] 生命に対する強い関心と高い倫理観を持った人
[AP3] 強い目的意識を持って獣医学の習得に努力する人
[AP4] 将来にわたって研鑽に努め本学で学んだ成果を社会に還元しようとする志を持つ人

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー:CP)

 日本大学生物資源科学部獣医学科は,卒業の認定に関する方針に適う人材を養成するため,6年間を通じて順次性のある体系的なカリキュラムを編成し実施する。また,各科目における教育内容・方法,成績評価方法及び評価基準をシラバス等で明示し,学生に周知した上で,実施する授業形態に即した公正かつ厳正な評価を行う。
[CP1] 獣医師に必要な高度生物学である基礎獣医学科目を開講する。
[CP2] 獣医学の専門知識と技術を学ぶため,順次性を考慮した体系的な獣医専門科目を開講する。
[CP3] 獣医学が担う国際的な役割・関係性を理解する科目を開講する。
[CP4] 論理的かつ批判的でエビデンスベースな研究の進め方を理解するため,卒業論文もしくは臨床研究の科目を開設する。
[CP5] 獣医師に求められる実践力,現場力,コミュニケーション力の基礎を獲得するため,臨床実習や学外見学・体験ができる科目を開講する。
[CP6] 獣医師の資質をより高めるため,学際的・先端的な選択科目を開講する。

卒業認定に関する方針(ディプロマポリシー:DP)

 日本大学生物資源学部獣医学科は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」,「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力を修得した者に「学士(獣医学)」の学位を授与する。
[DP1] 獣医師たるに必要な豊かな教養・知識・技術を修得し,法令遵守の精神と高い倫理観に基づいて,自らの使命・役割を果たすことができる。
[DP2] One Healthの目的を理解し,獣医学分野で国際的に直面している問題を説明することができる。
[DP3] 獣医師として得られる情報を基に論理的な思考と批判的な思考をすることができる。
[DP4] 獣医師として自ら課題を探求して果敢に挑戦するとともに,その解決策を提案することができる。
[DP5] 獣医師としてのコミュニケーション能力を具えている。
[DP6] 獣医師として様々な分野と協働・連携し,社会に貢献する姿勢を持ち続けることができる。
[DP7] 獣医学に関する専門知識及び技術を有し,将来にわたってそれらを省察・研鑽することができる。

獣医学科100年の歩み

日本大学生物資源科学部獣医学科の歴史を動画でご覧ください。(PCのみ対応)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得