研究室・教員

研究室・教員

研究室一覧

獣医解剖学研究室

比べれば、さらにわかる、動物の体の仕組み。

担当教員
所在
6号館
研究内容
さまざまな動物の体の仕組み(構造)を肉眼解剖学的レベルから電子顕微鏡による細胞の微細構造レベルまで、比較研究しています。

獣医生理学研究室

哺乳類の器官や組織、細胞の機能について研究しています。

担当教員
所在
6号館
研究内容
動物の「種」の存続や、産業動物の生産性を支えている、排卵・受精・着床・妊娠のメカニズムなど生殖生理学に関する基礎研究を推進。また動物の恒常性が破綻した状態である疾病との関わりを病態生理学の視点で追究しています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医生化学研究室

細胞機能の分子レベルでの解明を目指します。

担当教員
所在
6号館
研究内容
生体機能はたくさんの細胞機能が統合され、維持されています。本研究室では、細胞生物学、分子生物学、免疫組織学などの手法を駆使し、細胞機能を分子レベルで解明します。

獣医病理学研究室

動物の病気の原因を、病理解剖などで明らかにします。

担当教員
所在
6号館
研究内容
牛、馬、豚、鶏などの産業動物、犬、猫などの伴侶動物、また野生動物などに発生する病気の原因や経過、結果を病理解剖、病理組織学的検査、免疫組織化学的な方法で解明します。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医微生物学研究室

動物に感染するウイルスが病気を起こす仕組みを研究しています。

担当教員
所在
6号館
研究内容
獣医学が対象とするウイルスは種類が多く、宿主となる動物も多様です。本研究室ではウイルスの進化と病原性発現機構の解明を目的として、新規ウイルスの検索並びにウイルスと宿主との相互作用の研究をしています。

獣医薬理学研究室

薬、特に抗がん薬を有効かつ安全に使用する方法を研究しています。

担当教員
所在
6号館
研究内容
抗がん薬は、がん細胞だけではなく、健康な細胞にまで影響をおよぼすという問題があります。このような副作用や有害反応を少なくする方法を探究するとともに、より安全性の高い抗がん物質を探索しています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

医動物学研究室

寄生虫病の正確な診断、人や動物に共通する寄生虫病が主要テーマです。

担当教員
所在
6号館
研究内容
産業動物からエキゾチックアニマルまで多岐にわたる動物の寄生虫と、寄生虫病を研究対象にしています。寄生虫病の診断や予防に役立つ知見を追究するとともに、新しい検査法の開発、応用などについて研究しています。

獣医内科学研究室

動物の病気の原因を調べ、診断・治療に役立つ研究をしています。

担当教員
所在
9号館
研究内容
付属病院の内科を担当し、超音波、CT、内視鏡や腹腔鏡を用いて動物の消化器疾患を中心に教育、研究を行っています。付属病院の眼科と眼科疾患の教育、研究も行っています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医外科学研究室

明日の外科臨床に役立つ高度医療を研究しています。

担当教員
所在
9号館
研究内容
付属病院での外科手術や診療を担当し、外科臨床の研究や教育を実践しています。特に、がんに対する高度医療、神経や骨の再生医療、内視鏡外科などを中心に研究しいています。

獣医臨床繁殖学研究室

社会ニーズに合致した繁殖技術の開発をめざします。

担当教員
所在
9号館
研究内容
犬の凍結精液人工授精を外科手術なしに行う手技や犬遺伝病の診断法について国内をリードしています。また新規実験動物であるマイクロミニブタの研究を進めております。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医放射線学研究室

画像を利用した診断と腫瘍の放射線治療を行います。

担当教員
所在
9号館
研究内容
エックス線検査、CT検査、MRI検査を利用して、からだの内部の異常を診断したり、放射線治療装置を用いて、腫瘍の治療を行ったりします。付属動物病院での診療に携わりつつ、腫瘍の基礎的研究も進めています。

獣医臨床病理学研究室

的確な予防と治療は、より多くの情報をキャッチすることから始まります。

担当教員
所在
9号館
研究内容
病気を正しく予防し治療するために、動物に見られる変化を調べ病気の起こる仕組みを解明しています。特に、微生物と病気の関わりや免疫や癌に関わる遺伝子を明らかにして病気の診断と治療に役立てることを目指しています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医麻酔・呼吸器学研究室

人と共に暮らす動物の麻酔科学と呼吸器学の教育・研究をしています。

担当教員
所在
日本大学動物病院(ANMEC)
研究内容
犬や猫の高難度手術の循環動態管理・片肺換気下胸腔鏡手術の適応拡大・麻酔疼痛管理法、動物の呼吸機能検査・受動喫煙・漢方薬の応用に関する教育・研究をしています。

獣医神経病学研究室

動物の神経疾患に対する診断治療法を、様々な角度から研究しています。

担当教員
所在
日本大学動物病院(ANMEC)
研究内容
付属病院で、犬や猫の神経内科・外科疾患の診療を担当し、神経病の研究、教育を行っています。特に脳腫瘍と水頭症の診断治療や脊髄再生医療に関する研究を行っています。

研究室WEBサイトへ

獣医歯科学研究室

歯牙疾患を中心に、総合的に疾患を把握する。クラウン、歯科矯正まで。

担当教員
  • 大場 茂夫 特任教授
所在
日本大学動物病院(ANMEC)
研究内容
小動物臨床では歯周病、難治性口内炎など歯牙疾患は意外に多く、適切な治療をしないと生死にかかわる場合もあります。付属病院での歯科診療を担当しています。

獣医産業動物臨床学研究室

家畜の健康と食の安全を守る産業動物臨床獣医師の育成をめざします。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
牛、豚など産業動物の疾病に係る診断、治療および予防対策の開発や臨床研究を行っています。また、皆が安心して消費できる畜産物の生産に貢献する獣医師の育成をめざしています。

研究室WEBサイトへ

獣医衛生学研究室

免疫機構の仕組みを解明し、動物の疾病予防や健康増進に貢献します。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
家畜、家庭動物、野生動物および展示動物にとって脅威となる狂犬病などの新興・再興感染症の疫学的解明、診断や予防法を検討。さらに動物の生体防御メカニズムの解明など、健康管理に関する研究を行っています。

獣医公衆衛生学研究室

人も動物も健康に安心して生活できるよう研究を展開しています。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
獣医学の中でも最も人との関わりが深い学問分野です。主に猫ひっかき病などの人獣共通感染症や、腸管出血性大腸菌などの細菌性食中毒の疫学や病態について研究しています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

獣医伝染病学研究室

家畜やペットで問題となっているウイルス性の伝染病を研究しています。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
動物の慢性ウイルス病を主な研究テーマにして、発病機序の解明、病原体の遺伝子解析、診断法の開発や野生動物を対象に動物種を超えて感染する疾病の疫学調査などを行っています。

魚病学研究室/比較免疫学研究室

イヌ・ネコ~魚類まで,様々な動物の免疫のしくみを調べています。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
獣医学は、様々な動物種が対象です。魚病学研究室/比較免疫学研究室ではこれら動物の免疫のしくみを調べ、動物の健康増進のための基礎研究を行っています。

研究室WEBサイトへ

研究室WEBサイトへ

実験動物学研究室

環境と野生動物との関係を感染症の観点から研究します。

担当教員
所在
動物医科研究センター
研究内容
野生動物の病原体を対象に、野外での調査や分子レベルでの解析を行い、環境の変化をとらえ、自然環境の保全に貢献する獣医学の新たな研究分野を開拓します。

獣医学科事務室

獣医学科の教育・研究をサポートしています。

担当教員
  • 都築 亜美 実習助手   
  • 佐藤 春花 実習助手   
  • 新堀 千里 実習助手

研究室WEBサイトへ

このページのトップへ

研究トピックス

このページのトップへ

国際交流

 動物医科学研究センターが中心となって実施しているプロジェクト(「人獣共通感染症の戦略的国際疫学研究の推進と若手研究者の実践的育成」)の一環として、将来国際的な視野に立って感染症研究をリードできる若手研究者の育成を行っています。
 これまでに、アジアおよびアフリカの7カ国、10研究機関から大学院博士課程学生から40歳以下の若手研究者、計13名を招へいして、大学院生たちとも積極的な交流を行いました。 

  • 大韓民国(ソウル大学、慶州大学)
  • 中華人民共和国(中国農業大学、中山大学、ハルピン獣医学研究所)
  • モンゴル国(モンゴル農業大学)
  • 台湾(国立中興大学)
  • タイ(タイNIH)
  • インドネシア(サムトランギ大学)
  • ウガンダ共和国(マケレレ大学)

このページのトップへ

国際協力トピックス