Laboratory研究室・教員

研究室一覧

獣医解剖学研究室

担当教員
研究内容
さまざまな動物の体の仕組み(構造)を肉眼解剖学的レベルから電子顕微鏡による細胞の微細構造レベルまで、比較研究しています。
研究室WEBサイトへ

獣医生理学研究室/獣医病態生理学研究室

担当教員
研究内容
動物の循環器生理学について研究を行っています。また恒常性が破綻した状態である疾病との関わりを病態生理学の視点で追究しています。
研究室WEBサイトへ

獣医生化学研究室/分子生物学研究室

担当教員
研究内容
生体機能はたくさんの細胞機能が統合され、維持されています。本研究室では、細胞生物学、分子生物学、免疫組織学などの手法を駆使し、細胞機能を分子レベルで解明します。
研究室WEBサイトへ

獣医病理学研究室

担当教員
研究内容
牛、馬、豚、鶏などの産業動物、犬、猫などの伴侶動物、また野生動物などに発生する病気の原因や経過、結果を病理解剖、病理組織学的検査、免疫組織化学的な方法で解明します。
 

獣医微生物学研究室

担当教員
研究内容
獣医学が対象とするウイルスは種類が多く、宿主となる動物も多様です。本研究室ではウイルスの進化と病原性発現機構の解明を目的として、新規ウイルスの検索並びにウイルスと宿主との相互作用の研究をしています。
研究室WEBサイトへ

獣医薬理学研究室

担当教員
研究内容
腫瘍細胞のイオン輸送能は細胞の生存、増殖、遊走に影響を及ぼします。遺伝子発現解析に加えて、膜電流や細胞内Ca計測によって、新しい薬物標的を探索しています。
研究室WEBサイトへ

医動物学研究室

担当教員
研究内容
産業動物からエキゾチックアニマルまで多岐にわたる動物の寄生虫と、寄生虫病を研究対象にしています。寄生虫病の診断や予防に役立つ知見を追究するとともに、新しい検査法の開発、応用などについて研究しています。
研究室WEBサイトへ

獣医内科学研究室/獣医消化器病学研究室

担当教員
研究内容
付属病院の内科を担当し、超音波、CT、内視鏡や腹腔鏡を用いて動物の消化器疾患を中心に教育、研究を行っています。
研究室WEBサイトへ

獣医外科学研究室

担当教員
研究内容
付属病院での外科手術や診療を担当し、外科臨床の研究や教育を実践しています。特に、がんに対する高度医療、神経や骨の再生医療、内視鏡外科などを中心に研究しいています。
研究室WEBサイトへ

獣医臨床繁殖学研究室

担当教員
研究内容
繁殖の目的は次世代の優良な子畜を得ることです。本研究室では、主に牛や豚など家畜の新しい繁殖技術や繁殖障害予防法の開発に取り組んでいます。
研究室WEBサイトへ

獣医放射線学研究室

担当教員
研究内容
エックス線検査、CT検査、MRI検査を利用して、からだの内部の異常を診断したり、放射線治療装置を用いて、腫瘍の治療を行ったりします。付属動物病院での診療に携わりつつ、腫瘍の基礎的研究も進めています。
研究室WEBサイトへ

獣医臨床病理学研究室/獣医皮膚病学研究室

担当教員
研究内容
病気を正しく予防し治療するために、動物に見られる変化を調べ病気の起こる仕組みを解明しています。特に、微生物と病気の関わりや免疫や癌に関わる遺伝子を明らかにして病気の診断と治療に役立てることを目指しています。
研究室WEBサイトへ

獣医麻酔・呼吸器学研究室

担当教員
研究内容
犬や猫の高難度手術の循環動態管理・片肺換気下胸腔鏡手術の適応拡大・麻酔疼痛管理法、動物の呼吸機能検査・受動喫煙・漢方薬の応用に関する教育・研究をしています。
研究室WEBサイトへ

獣医神経病学研究室

担当教員
研究内容
付属病院で、犬や猫の神経内科・外科疾患の診療を担当し、神経病の研究、教育を行っています。特に脳腫瘍と水頭症の診断治療や脊髄再生医療に関する研究を行っています。
研究室WEBサイトへ

獣医産業動物臨床学研究室

担当教員
研究内容
牛、豚など産業動物の疾病に係る診断、治療および予防対策の開発や臨床研究を行っています。また、皆が安心して消費できる畜産物の生産に貢献する獣医師の育成をめざしています。
研究室WEBサイトへ

獣医衛生学研究室

担当教員
研究内容
家畜、家庭動物、野生動物および展示動物にとって脅威となる狂犬病などの新興・再興感染症の疫学的解明、診断や予防法を検討。さらに動物の生体防御メカニズムの解明など、健康管理に関する研究を行っています。
研究室WEBサイトへ

獣医公衆衛生学研究室/獣医食品衛生学研究室

担当教員
研究内容
獣医学の中でも最も人との関わりが深い学問分野です。主に猫ひっかき病などの人獣共通感染症や、腸管出血性大腸菌などの細菌性食中毒の疫学や病態について研究しています。
研究室WEBサイトへ

獣医伝染病学研究室

担当教員
研究内容
動物の慢性ウイルス病を主な研究テーマにして、発病機序の解明、病原体の遺伝子解析、診断法の開発や野生動物を対象に動物種を超えて感染する疾病の疫学調査などを行っています。
研究室WEBサイトへ

魚病/比較免疫学研究室

担当教員
研究内容
獣医学は、様々な動物種が対象です。魚病/比較免疫学研究室ではこれら動物の免疫のしくみを調べ、動物の健康増進のための基礎研究を行っています。
研究室WEBサイトへ

実験動物学研究室

担当教員
研究内容
野生動物の病原体を対象に、野外での調査や分子レベルでの解析を行い、環境の変化をとらえ、自然環境の保全に貢献する獣医学の新たな研究分野を開拓します。
研究室WEBサイトへ

獣医学科事務室

担当教員
  • 田崎 成美 実習助手   
  • 森田 真衣 実習助手
このページのトップへ