本文へスキップ


Nihon University
Laboratory of
Veterinary Epizootiology

研究室紹介CONCEPT

当研究室の主な研究課題は主にウイルスが原因となる感染症です。研究対象となる動物は家畜や伴侶動物だけではなく,猪などの野生哺乳類も含まれます。
現在は地方病性牛白血病や馬伝染性貧血などのレトロウイルス感染症や、猫伝染性腹膜炎の病態や原因ウイルスの性状に関する研究のほか,牛,馬,羊,山羊,豚および猪などの病原体感染状況を把握するための疫学調査などを行っています。


教授からのご挨拶

獣医伝染病学研究室のホームページにようこそ。
当研究室教授の小川 健司(おがわ けんじ)です。

当研究室は1947年に本学獣医学科の前身である東京獣医畜産専門学校に開設された歴史のある研究室です。これまで研究室を主宰してきた歴代の教授および教官が各々の専門分野を活かし,様々な角度から動物感染症の研究を精力的に進めてまいりました。

私自身は牛にBリンパ球の腫瘍を発生させる牛白血病ウイルスや,馬に進行性の貧血および衰弱などを引き起こす馬伝染性貧血ウイルスなど,レトロウイルス科のウイルスに強い興味を持ち,これらのウイルスによる疾病の病態解明および予防法に関する研究を行ってきました。

牛や豚などの家畜の感染症には、罹患によって食肉や牛乳の生産性の低下や,皮革や被毛などの質の悪化を起こす疾患のほか,家畜伝染病予防法にもとづき,病原体に感染した動物を殺処分しなければならなくなる口蹄疫(こうていえき)および高病原性鳥インフルエンザなどの重要な感染症が含まれます。



また,一般家庭で大切に飼育されている犬や猫などの伴侶動物にも,犬ジステンパーや猫白血病ウイルス感染症など,健康と生命を脅かす多数の感染症が存在します。
人間の医療に近い,時には肩を並べるほどのレベルになっている現在の日本の獣医療ですが,様々な感染症が今なお多くの伴侶動物の命を奪っているのが現状です。
しかし,正しい知識に基づいて適切に飼育したり,ワクチン接種を行ったりすることで,多くの感染症から彼らを守ることができます。



さらに,近年注目を集めている「人獣共通感染症(じんじゅう きょうつう かんせんしょう)」と呼ばれる,動物から人間へ,場合によっては人間から動物へ病原体が伝播して発生する感染症も大きな問題です。人間が直接的・間接的に,または食肉などの畜産物を介して家畜や伴侶動物,野生動物などと接触した結果,これらの動物が保有する病原体が人間に感染し,健康を害する例が後を絶ちません。





現在は「One World, One Health」と呼ばれる概念が野生動物保全協会(WCS)により2004年に提唱され,世界保健機関(WHO)や国際獣疫事務局(OIE)などが中心となって広められています。
これは人間・動物・環境や生態系が不可分であるため,これらを一つのものと捉えて関連する分野が連携して問題に対処することが必用であり,それが人間および動物の健康の維持と,環境や生態系の保全につながるとする概念です。
当研究室もこの概念にもとづき,微力ではありますが,動物と人間の健康に貢献できる研究を進め,さらに地球の健康の将来も担う学生の皆様への教育を行ってまいります。




当研究室室員(2021年1月12日現在)

教 員

 教 授   小川 健司(おがわ けんじ)

 准教授   小熊 圭祐(おぐま けいすけ)

学 生

 6年生  6名

 5年生  7名

 4年生  11名

本学獣医学科発足からの当研究室指導教授および研究室沿革

1947年ー
(在籍期間不明)
本学農獣医学部(現:生物資源科学部)獣医学科の前身である東京獣医畜産専門学校(1945年−1948年)に「家畜伝染病学教室」が開設され、宮入一雄(みやいり かずお)先生が初代教官として着任した。宮入は朝鮮総督府家畜衛生研究所で家畜伝染病の調査研究を行っていた。若くして逝去したが、「宮入の後にも先にも宮入なし」と讃えられるほどの英才であったという。
1952年ー1985年
1952年の本学農獣医学部(現:生物資源科学部)獣医学科発足と同時に,小堀進(こぼり すすむ)専任講師が家畜伝染病学教室の教官に就任した。小堀は1954年に助教授,1956年に第2代教授に昇格し,当教室で33年にわたり動物感染症の研究および教育に力を注いだ。また,1974(昭和49)年10月30日から1982(昭和57)年3月20日まで農獣医学部長を務め,獣医学を含めた農学分野の教育および研究活動の推進に尽力した。
1982年ー1988年
大森常良(おおもり つねよし)第3代教授が日本生物科学研究所(日生研)から着任し,教室名を現在の「獣医伝染病学研究室」に改称した。大森は東京大学獣医学科を卒業し,戦中は陸軍獣医部将校としてラバウルにおいて軍馬の衛生管理や診療を行っていた。戦後は家畜衛生試験場(家衛試,現:動物衛生研究所)において家畜のウイルス病に関する研究を進め,特に牛流行熱やアカバネ病、イバラキ病など、ヌカカなどの吸血性節足動物が媒介する家畜のウイルス性疾病を専門としたが,クラミジアと呼ばれる種類の微生物による牛や山羊などの家畜の感染症の研究も精力的に行っていた。家衛試を停年退職後,東京大学講師,日生研主任研究員を経て本学教授に就任し,1978年5月10日に「牛のウイルス病の防圧に関する研究」により財団法人 日本農業研究所賞を受賞,1984年5月29日には「牛の流行性感冒の予防法の開発」により紫綬褒章を授与されている。
1988年ー1998年
稲葉右二(いなば ゆうじ)第4代教授が家畜衛生試験場から着任し10年間奉職した。稲葉は家衛試時代には前教授の大森のもとで研究を行っていた。1971年4月2日に「牛流行熱に関する研究」により日本獣医学会賞,1977年4月7日に「牛の流行熱及び牛伝染病性鼻気管炎の予防液の開発」により農林大臣賞,1994年3月29日に「各種牛ウイルス病の防除技術の開発及び実用化に関する研究」により日本農業研究所賞,1998年4月15日に科学技術庁長官賞、1999年に「牛のアルボウィルス感染症に関する研究」により日本農学賞を受賞した。なお、学部名は1996年4月に「農獣医学部」から現在の「生物資源科学部」に改称されている。
1998年ー2001年
藩英仁(はん えいじん)第5代教授が本学獣医臨床病理学研究室から当研究室に異動した。藩は漢方薬などを使用した東洋獣医学の研究を進めていたが,様々な感染症の原因ともなる微生物であるマイコプラズマの専門家でもあり、2000年4月に当学部で開催された日本マイコプラズマ学会学術集会では学会長を務めた。
2001年ー2007年
動物衛生研究所から本学獣医衛生学研究室に教授として着任し,教鞭を執っていた三浦康男(みうら やすお)教授が当研究室に第6代教授として異動した。三浦は吸血性節足動物であるカやヌカカなどが媒介するウイルス病や,海外で流行している家畜の感染症を特に専門としており、家畜衛生試験場勤務時の1977年には日本獣医学会賞を受賞した。
2004年ー2019年
泉對博(せんつい ひろし)第7代教授が動物衛生研究所から当研究室教授に就任し,現在に至る。泉對は牛白血病ウイルスや馬伝染性貧血ウイルスなどのレトロウイルスによる家畜の感染症を特に専門とし,家衛試勤務時の1989年4月には「馬伝染性貧血の貧血発生機序に関するウイルス学的研究」により日本獣医学会賞を受賞した。
2019年ー現在
小川健司(おがわ けんじ)第8代教授が理化学研究所から当研究室に教授として着任し,現在に至る。