Top page 

    日本大学 生物資源科学部 海洋生物資源科学科
  
水圏生物病理学研究室
   AAHL |
Aquatic Animal Health Lab.

研究活動
 
 魚病学は、これまで水産増養殖業の発展に大きく寄与してきました。また、最近では水族館や自然水域に生息する水生生物も対象となってきています。しかし、分布や感染機構が明らかとなっている病原体は未だ限られています。また、魚病の発生と密接に関わる魚介類の生体防御機構やストレス応答に関する研究も発展途上であり、有効な治療や予防法が確立されていない病気も数多く残されています。

 AAHLでは、水産増養殖業や水族館、自然水域に生息する生物保全への貢献を目指し、魚病の発生機序や予防法に関する研究に取り組んでいます。
 
    1.魚病
     ・魚類病原体の性状・分布・感染機構   ・養殖魚の魚病診断および治療・予防法の開発
     ・水族館飼育魚介類の魚病診断      ・自然河川における魚病発生調査          ・沖縄海域におけるサンゴの病気研究
 
   2.免疫賦活剤
     ・免疫賦活剤の用途用法の明確化
     ・免疫賦活剤の有効機構
  
    3.生体防御機構
    ・魚類粘膜組織における生体防御機構
    ・抗ウイルス性因子の解析と利用
    ・抗病性を指標とした魚粉代替餌料の開発
 
    4.ストレス応答
     ・粘膜組織におけるストレス応答
     ・免疫賦活剤を用いたストレス応答の制御
    5.その他
    ・常在性細菌叢の構成と役割  ・無菌魚の作出と利用
    ・クマノミの共生機構       ・板板類の寄生虫研究      
    ・希少魚種の保全