カリキュラム

国際地域開発学科のカリキュラム

講義 国際地域開発学科は、激動する日本、および世界の情勢に対応すべく、国際的に活躍できる人材の育成に向けて、特徴的なカリキュラムを導入しています。あなたが将来「つきたい職業」、「やりたい仕事」への思いを形にするためにカリキュラムを2つのコースに編成し、さらに 6 つのプログラムを用意しました。

 国際地域開発学科のカリキュラムは、「農業・農村開発コース」と「グローバルビジネスコース」の2コース制となっています。2年次からどちらか一方のコースを選択することで、より自分の興味がある分野を勉強することができます。「農業・農村開発コース」では、途上国と日本国内の農業・農村開発、食料問題に関する専門的な知識を、「グローバルビジネスコース」では、経済、社会、アグリビジネスに関する専門知識と実務的な対処能力を養います。

実験 6つのプログラムでは、「農業分野」、「環境分野」、「アグリビジネス分野」、「貧困削減分野」、「共生分野」と「英語インテンシブプログラム」の6分野が開講されています。国際地域開発学科の学生は、選択したコースに関わりなく、この6分野のプログラムのうち2つ以上のプログラムを選択することで、勉強したい学問領域、あるいは将来社会に出てから必要な知識やスキルを集中的に学習、習得することができる仕組みになっています。

 このように自分の興味に合ったコースとプログラムを組み合わせることによって、卒業後につきたい職業や、やりたい仕事に必要なスキルを高めることができます。