教員と研究室の紹介 OUTLINE SUBJECT LIST

この学科の専任教員と研究室,学科の教育支援職員です。各研究室のページに教員と研究室の詳しい紹介があります。

森林動物学研究室

森林動物学研究室
・岩田 隆太郎(教授)
・中島 啓裕(助教)
MORE

森林植物・微生物学研究室

森林植物・微生物学研究室
・太田 祐子(教授)
・鍛代 邦夫(准教授)
MORE

森林動物学研究室

森林では各生物がネットワーク状に関係し合い,地球上最も複雑な生態系が形作られます。本研究室は,昆虫類や一部の哺乳類などによる樹木への食害のチェックと防除・管理に加え,森林内の動物全体の存在の認知と制御・利用を扱います。「森林動物学」とは,脊椎・無脊椎にかかわらず,森林に棲息する全動物種を扱い,来世紀における無限の発展性が期待される学問分野です。

岩田 隆太郎 教授(森林昆虫学)農学博士

氏名 岩田 隆太郎 教授(森林昆虫学)農学博士
京都大学農学部林産工学科卒業
京都大学院農学研究科林産工学専攻博士後期課程修了
専門分野 カミキリムシ類の分類と比較生理生態,木材食害性甲虫類の栄養生理と生態,
シロアリ類の生理と行動
社会的活動 日本応用動物昆虫学会評議員/日本甲虫学会幹事/
日本家屋害虫学会学術委員長/日本環境動物昆虫学会理事・評議員
趣味 20世紀クラシック音楽評論/多肉植物栽培/戦時切手収集
フレッシュマンへの一言 やっぱりこの世は多様性。幅広い知識を身につけ,将来活躍する分野の射程を幅広くとり,脱境界へと向かう激動の時代を乗り切って下さい。
研究者情報 研究業績等はこちら

中島 啓裕 助教(森林動物学)博士(理学)

氏名 中島 啓裕 助教(森林動物学)博士(理学)
京都大学農学部食料環境経済学科卒業
京都大学理学研究科動物学教室博士後期課程修了
専門分野 生態学,哺乳類学
社会的活動 日本生態学会会員/日本霊長類学会会員
趣味 サッカー/絵を描くこと
フレッシュマンへの一言 一緒にがんばりましょう!
研究者情報 研究業績等はこちら,個人ホームページはこちら

主要研究テーマ

  1. カミキリムシ類の分類・生活史・比較生理生態・木材成分分解
  2. 乾燥木材食害甲虫の分類・栄養生理・生態,特にヒラタキクイムシ,ナガシンクイムシ
  3. シロアリ類の木材成分分解・個体間相互行動
  4. シロアリ類と他の生物(共生原生生物,共生微生物,共生昆虫,天敵微生物)との生態学的関係性
  5. 熱帯雨林の中大型動物の研究
  6. 食肉目の野外での生態
  7. 地上性哺乳類の研究手法,とくに自動撮影装置の解析手法の改良

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

森林植物・微生物学研究室

樹木や微生物の生理生態,樹木と微生物の相互関係,土壌中の物質循環と微生物などに関しては未解明の部分が多く残されています。そこで,本研究室では森林生態系の機能解明の一環として,ブナ林の世代交替,森林植物と土壌の関係,土壌微生物の働き,きのこ類の分類とその生理生態,樹木病害の発生機構と被害軽減法などについて研究し,豊かな森林づくりを目指しています。

太田 祐子 教授 (森林微生物学)博士(農学)

氏名 太田 祐子 教授 (森林微生物学)博士(農学)
東京大学農学部林学科卒業
(国研)森林総合研究所森林微生物研究領域チーム長を経て現職
社会的活動 日本森林学会理事,日本菌学会理事,樹木医学会評議員茨城県文化財審議会委員
趣味 太極拳,水泳,犬の散歩,味噌作り
フレッシュマンへの一言 Have an open mind, keep smiling and take a risk!
研究者情報 研究業績等はこちら

鍛代 邦夫 准教授(森林土壌学)修士(農学)

氏名 鍛代 邦夫 准教授(森林土壌学)修士(農学)
日本大学農獣医学部林学科卒業
日本大学大学院修士課程修了
このサイトの他にこちらもあります。
社会的活動 日本森林学会,氷雪学会,生態学会,森林立地学会,土壌肥料学会会員
学部内での活動 学生サークル森林インストラクター研究会,環境・森林風地研究会,樹木医研究会顧問
趣味 川遡り,沢登り,魚つり,スキー,キャンプ
フレッシュマンへの一言 野外へ飛び出せ,お手伝いします。
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 森林の世代交替~天然更新と植樹造林~
  • 森林植物の生育環境と生理・生態
  • 森林微生物,特に菌類の種多様性と生理・生態
  • 樹木病害の発生機構と被害軽減法

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

森林生態学研究室

森林生態学研究室
・丸山 温(教授)
・上村 真由子(准教授)
MORE

森林環境保全学研究室

森林環境保全学研究室
・阿部 和時(教授)
・瀧澤 英紀(准教授)
・小坂 泉(専任講師)
MORE

森林生態学研究室

森林が地球環境保全に果たす役割は大きいため,森林生態系の仕組みを知ること,その取り扱い技術を学ぶことが必要です。森林生態系によるサービスをよりよく受けるためには,その管理や利用する技術を普及したり実行する必要があります。この研究室では,森林に実際に入って,その仕組みを様々な角度から研究します。身近な緑地も小さい生態系であり,研究の対象にしています。

丸山 温 教授(造林学)農学博士

氏名 丸山 温 教授(造林学)農学博士
京都大学農学部林学科卒業
社会的活動 日本森林学会評議員,日本森林立地学会, 北方森林学会,北方林業会
趣味 オーディオ,テニス,料理
フレッシュマンへの一言 千里の道も一歩から。目標に向かって慌てず焦らず, 着実に歩んで行きましょう。
研究者情報 研究業績等はこちら

上村 真由子 准教授(森林生態学)農学博士

氏名 上村 真由子 准教授(森林生態学)農学博士
神戸大学大学院博士課程修了
専門分野 樹木が成長・枯死し,分解される過程を通して 炭素をめぐる森林の機能を明らかにすること
社会的活動 日本森林学会,日本生態学会,森林立地学会, 日本農業気象学会,森林インストラクター
趣味 体を動かすこと,クライミング,ランニング
フレッシュマンへの一言 成りたい自分になれるように,好奇心を 大事にして進んでいきましょう。
研究者情報 研究業績等はこちら

卒業研究のテーマや研究場所

〈主要研究テーマ〉
  • 外来種の生態
  • 海岸林の生態
  • 人工林での樹木の成長
  • 森林の遷移・更新
  • 森林の物質循環
〈主要研究場所〉
  • 藤沢演習林
  • 水上演習林とその周辺
  • 湘南海岸砂防林
  • 相模湖
  • 小根山国有林
  • 京都山城
  • 大阪市立大学植物園
  • 奥秩父

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

森林環境保全学研究室

森林は,都市の気候緩和など局所環境を保全する働き,山崩れの発生を抑制して山地災害から人々の生活を守る働き,きれいな水を安定的に供給してくれる水源涵養の働きなどを持っています。本研究室では,私たちの身の周りの環境から地球環境まで,森林がどのような影響を与えているか,森林環境の保全をどのように行ったらよいかを,水と土の2つをキーワードとして研究を行っています。

阿部 和時 教授(山地環境保全学)博士(農学)

氏名 阿部 和時 教授(山地環境保全学)博士(農学)
日本大学農獣医学部林学科卒業
(現日本大学生物資源科学部森林資源科学科)
東京農工大学大学院修士課程修了
社会的活動 日本緑化工学会理事
趣味 野菜づくり,横浜ベイスターズファン
フレッシュマンへの一言 広い視野で物事に取り組みましょう。
研究者情報 研究業績等はこちら

瀧澤 英紀 准教授(森林水文気象学)博士(農学)

氏名 瀧澤 英紀 准教授(森林水文気象学)博士(農学)
東京農工大学農学部林学科卒業
東京農工大学大学院博士課程修了
主要研究課題 土壌・植物・大気系のエネルギー・水・CO2 循環, 熱帯林・温帯林の水循環比較研究
趣味 バスケ・畑
フレッシュマンへの一言 新しい事にチャレンジしてみよう。4年間は意外と短い!
研究者情報 研究業績等はこちら

小坂 泉 専任講師(森林水文気象学演習)博士(生物資源学)

氏名 小坂 泉 専任講師(森林水文気象学演習)博士(生物資源学)
日本大学農獣医学部林学科卒業
日本大学大学院博士後期課程単位取得満期退学
社会的活動 水文・水資源学会会員,日本地すべり学会会員
趣味 自転車,温泉めぐり
フレッシュマンへの一言 学生の間は,失敗が許されます。 失敗した際,どのように考え,行動したかが,社会に出たときに,役立ちます。興味をもったことに,積極的にチャレンジ!
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 森林の持つ山崩れ防止機能に関する研究
  • 山崩れ跡地における植生の自然回復過程に関する研究
  • 火山荒廃地における土壌侵食の研究
  • 谷戸地形谷底部の水質浄化機能の研究
  • 屋上緑化・都市緑化に関する研究
  • 森林における熱・水・炭素循環に関する研究

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

森林経営学研究室

森林経営学研究室
・杉浦 克明(専任講師)
・園原 和夏(専任講師)
MORE

森林利用学研究室

森林利用学研究室
・井上 公基(教授)
・吉岡 拓如(准教授)
MORE

森林経営学研究室

森林を資源として考えるとき,使うだけの一方的な関係ではなく,使う立場の人間と使われる立場の森林がともに共存できるような姿が望ましいといえます。本研究室では,自然環境と社会環境を調和させて,将来にわたって健全で豊かな森林を管理するための方策の研究を行っています。木材生産,自然環境の保全,合意形成など側面から,長期的・広域的な視点で研究に取り組んでいます。

杉浦 克明 専任講師(森林環境教育論)博士(生物資源科学)

氏名 杉浦 克明 専任講師(森林環境教育論)博士(生物資源科学)
日本大学生物資源科学部卒業
日本大学大学院博士後期課程修了
社会的活動 日本森林学会会員,森林計画学会会員
趣味 映画鑑賞,体力づくり
フレッシュマンへの一言 “Where there is a will, there is a way.” って 言葉もありますよ。
研究者情報 研究業績等はこちら

園原 和夏 専任講師(森林計測学実習)博士(生物資源科学)

氏名 園原 和夏 専任講師(森林計測学実習)博士(生物資源科学)
日本大学生物資源科学部卒業
日本大学大学院博士後期課程修了
社会的活動 日本森林学会会員,森林計画学会会員
日本緑化工学会会員
趣味 ピアノ,ブタグッズの収集(←興味ある方は研究室へどうぞ)
フレッシュマンへの一言 自分で踏み出す一歩が大事!
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 人工林とその林床植生,林内光環境との関係に関する研究
  • 環境用語,森林用語の変遷と社会的背景
  • 巨樹・巨木の活力状態
  • 森林認証制度による日本の森林管理に関する研究
  • 森林環境教育の推進に関する研究

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

森林利用学研究室

本研究室では,林業経営技術の高度化のため路網整備や資源生産管理に関わる高性能林業機械作業システムの確立,バイオマス資源の有効利用を対象とします。そのために必要となる林業機械の開発改良や機械作業の効率化,林道などを計画・設計する森林土木,労働負担を評価する森林作業学分野などを中心とする研究テーマに取り組んでいます。

井上 公基 教授(森林循環利用学)博士(農学)

氏名 井上 公基 教授(森林循環利用学)博士(農学)
日本大学農獣医学部林学科卒業
東京教育大学大学院修士課程修了
社会的活動 森林利用学会理事, 東京都多摩産材認証協議会会長,
林野庁水源林造成事業評価委員
趣味 山歩き,スポーツ
フレッシュマンへの一言 自分の将来の道を見つけ,目標に向かって頑張って下さい。
研究者情報 研究業績等はこちら

吉岡 拓如 准教授(森林工学)博士(農学)

氏名 吉岡 拓如 准教授(森林工学)博士(農学)
東京大学農学部卒業
東京大学大学院博士課程修了
社会的活動 森林利用学会総務主事, 日本森林学会発行『森林科学』編集委員
趣味 野球,写真,旅行
フレッシュマンへの一言 できるだけ多くの森林を訪ね,森林が見せる多様な姿を知ってほしいです。
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 立木評価における搬出作業種の選択方法に関する研究
  • 森林作業における作業負担評価法に関する研究
  • 日本大学北海道八雲演習林における間伐作業計画
  • 森林バイオマス資源の収穫に関する技術評価およびシステム分析
  • 中山間地域における持続可能なバイオエネルギー利用の可能性
  • このページの他にも研究室のブログがあります
  • その他のサイトはこちら

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

木造建築学研究室

木造建築学研究室
・堀江 亨(教授)
MORE

木材工学研究室

木材工学研究室
・宮野 則彦(准教授)
・倉田 洋平(助教)
MORE

木造建築学研究室

森林の恵みと人の暮らしを持続的に保つために,循環型の資源利用のお手本ともいえる古民家の家づくりを現代に活かす手法を学びます。地域色豊かな木造住宅の実態を知り,古民家の再生により実現する木の家の持続可能性を考え,木造住宅の構造的な成り立ちと計画手法を研究しています。野外で木造住宅の記録スキルを修め,PC による作画により,建築士の資格取得のための基礎力を養います。

堀江 亨 教授(木造住宅論)博士(工学)

氏名 堀江 亨 教授(木造住宅論)博士(工学)
東京工業大学工学部建築学科卒業
東京工業大学大学院修士課程修了
社会的活動 森林利用学会理事, 東京都多摩産材認証協議会会長,
林野庁水源林造成事業評価委員
趣味 美術鑑賞・制作,古民家探訪
フレッシュマンへの一言 旅を(できれば一人旅を)数多くしてほしい。
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 木造住宅の構法(造り方)・空間・デザイン・活用に関する研究(現代住宅,古民家とも)
  • 資源循環型住宅生産システムとしての古民家の再生・リサイクル
  • CAD(Computer aided design)を用いた建築表現の研究
  • 木造住宅の部材用語に関する研究
  • 日本とイギリスの木造住宅の比較研究

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

木材工学研究室

森林からの主産物である木材は,多様な用途に使用されています。近年,石油をはじめとする化石・鉱物資源の枯渇が進む中,再生産が可能な木材資源の重要性と,環境に負荷をかけず人体にもやさしい優れた性質・性能が改めて見直されています。研究室では,木材の優れた特性について研究するとともに,その特性を活かした材料の開発や施工法の改良,特性の評価法などを研究しています。

宮野 則彦 准教授(木材物理学)博士(工学)

氏名 宮野 則彦 准教授(木材物理学)博士(工学)
日本大学農獣医学部林学科卒業
日本大学大学院修士課程修了
社会的活動 日本生気象学会評議員 日本木材学会機関幹事
趣味 ものつくり,写真
フレッシュマンへの一言 失敗を恐れず,色々な事に挑戦して下さい。
研究者情報 研究業績等はこちら

倉田 洋平 助教(木材加工学実験)博士(農学)

氏名 倉田 洋平 助教(木材加工学実験)博士(農学)
名古屋大学農学部応用生物科学科卒業
名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程(前期課程)修了
名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程(後期課程)修了
趣味 釣り,中日ドラゴンズファン
フレッシュマンへの一言 いろいろな場所に行って見聞を広めて下さい。
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究テーマ

  • 木材および木質系建築材料の熱ならびに湿気物性に関する研究
  • 木材をはじめとした自然素材による室内温湿度環境調節に関する研究
  • 室内環境における健康,快適および安全面からの最適化に関する研究
  • 分光分析による非破壊計測手法の研究

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE

バイオマス資源化学研究室

バイオマス資源化学研究室
・片山 義博 (教授)
MORE

バイオマス資源化学研究室

本研究室では,(1)樹木の成長能力を細胞レベルで高めることにより,森林資源の生産量を増加させること(森林資源の生産力の強化を目的とした研究)や,(2)バイオテクノロジーや化学を活用して,森林資源から石油化学に匹敵する新しい工業原料(プラスチックス原料など)を作り出すこと,あるいは石油化学では作ることができない優れた機能を持つ工業原料を作り出す研究に挑戦しています。

片山 義博 教授(木材化学)農学博士

氏名 片山 義博 教授(木材化学)農学博士
東京農工大学農学部林産学科卒業
東京農工大学大学院修士課程修了
東京大学大学院博士課程修了
社会的活動 (独)日本学術振興会委員 日本木材学会委員会委員
趣味 雪の蔵王で温泉とスキー,四季の酒を楽しむ
フレッシュマンへの一言 大学では,研究に没頭することの楽しさを経験してほしい。 その中で,どうしてもやりたいと思える事と出会ってほしい。
研究者情報 研究業績等はこちら

主要研究課題

(1)「樹木の生長/形成層の細胞分裂」と「樹木資源の蓄積/木材組織の形成」に関する樹木のバイオテクノロジー研究
樹木の成長能力を細胞レベルで高めることにより,森林資源の生産量を増加させること(森林資源の生産力の強化)を目的に,森林の様々な環境のもとで,「樹木がどのように生長するのか/細胞分裂しているのか」,「樹木資源をどのように蓄積しているのか/木材組織の形成がどのように進んでいるのか」を,樹木の遺伝子や細胞のレベルで詳しく調べています。この研究は,樹木の生長にとって重要な環境条件(栄養や水分,日照や温度など)を細胞レベルで正確に知る事が可能で,様々な環境におかれた樹木の生長や資源蓄積を改善し,優れた性質を持つ森林バイオマス資源の生産量を大きく増やすことにつながります。
(2)森林資源から新しい工業原料を生産する事を目的に,木材主要成分の化学構造に関する研究と,その利用の森林資源化学とバイオテクノロジー研究
21世紀の世界は,「石油など化石資源に殆ど依存する現在の科学技術」から「地球の生態系と調和した科学技術」へ移行する事を目指しています。そのためには森林資源から,「20世紀の石油化学工業が生産していた様々なプラスチックス製品や化学製品」を作り出す科学技術がなければなりません。「バイオマス資源化学研究室」では,森林資源の化学構造や化学的性質を研究するとともに,バイオテクノロジーや化学を活用して,森林資源から石油化学に匹敵する新しい工業原料(プラスチックス原料など)を作り出す事,あるいは石油化学では作る事が出来ない優れた機能を持つ工業原料を作り出す研究に挑戦しています。

必ず閉じてから次をご覧下さい。

CLOSE
PAGE TOP