片上ゼミ

フードツーリズムのもつ多様な可能性について学ぶ

片上班(フードツーリズム論研究室)は、奈良県吉野郡下市町・大淀町・吉野町にてフィールドリサーチを行いました。同町のフィールドリサーチでは、各地域が独自にもつ地域ならではの食(フード)を対象とした観光(ツーリズム)のあり方、つくり方等を、地域の文化、歴史、環境、地産地消、安全等の立場から学びを深めていくことで、「自らの生活に活かすことができる観光」の在り方について、調査することを目的としました。

フィールドリサーチ1日目は、下市町の概要をはじめ、地域の課題や取り組んでいる事業について、下市町地域づくり推進課、地域づくりコーディネーターの方々から詳細なお話を聞いた後に、下市町役場の各課の取組みについて見学させて頂きました。

2日目は、下市町の食材を用いた郷土料理づくりに取り組みました。郷土料理づくりは、前期の授業を通じて学びを深めた知識を踏まえて、奈良の代表的な郷土料理の柿の葉寿司を柿の葉の収穫から行い、酢飯と塩鯖、塩鮭を柿の葉で包んでつくりました。元来、下市町は柿の生産地でありますが、そうした柿の実の生産に加えて、柿の葉を栽培する事業が行われており、そうした柿の葉を使用した柿の葉寿司づくりの在り方について学びを深めました。加えて、お米を釜戸で炊く実習、下市町発祥の割り箸づくりの体験を行い、食の様々な側面から学びを深めました。

3日目は、大淀町、吉野町に足を運び、大淀町で番茶の生産と吉野町で原木しいたけの栽培について調査させて頂きました。お茶については、例えば私たちがよく知る煎茶製法は、茶葉を摘んで蒸して揉み、温風で乾燥させたものをいいます。こうした蒸し製の煎茶が民間に出回るのは江戸時代の中頃以降で、番茶の歴史は煎茶よりも古く、日本茶の原型ともいえる姿を留めています。そのような番茶づくりの現場に訪れ、生産方法や淹れ方等について調査させて頂きました。また原木しいたけの調査では、一般的な菌床栽培のしいたけとは異なる原木しいたけならではの味や香り、原木しいたけの歴史等の学びを深めました。

下市町、大淀町、吉野町でのフィールドリサーチは、各町の方々や地域のNPOの方々のご支援により、終始和やかな雰囲気の中で学びを深めることができました。この度のフィールドリサーチについてご協力、ご支援して頂きました皆様、貴重な学びの場をご提供頂きまして、誠にありがとうございました。

下市町の概要や取組みについてお話を聞きました。
下市町栃原地区で柿の葉栽培の調査と収穫を行いました。
収穫した柿の葉で柿の葉寿司づくりを行いました。
出来上がった柿の葉寿司。美味しく頂きました。
天日干しでつくる番茶の生産現場を調査させて頂きました。
原木栽培のしいたけを収穫させて頂きました。

pagetop pagetop