学びについて

カリキュラム

1年:食品ビジネス学入門

食品ビジネス学科の扉を開くと、まず学科の先生方が分担する食品ビジネス基礎演習と、食品ビジネス学入門、調査論の必修科目があり、さらに食の経済学、食生活論、そしてマクロ経済学など社会科学の基礎理論、プレゼンテーション入門などを学びます。

1年:食品ビジネス学入門

2年:専門分野の学びが本格化

2年次に進級すると、食品産業論、食品企業経営学、スローフード論などの専門科目に加えて、フィールドリサーチや調理学実習、食料生産実習、海外フードシステム現地研修などの演習・実習科目が配置されています。

2年:専門分野の学びが本格化

3年:広いフィールドで専門分野について学ぶ

専門教育の要となる食品ビジネス演習(ゼミ)がスタートし、食品マーケティング論、食品の企画と開発、食品デザイン論、フードサービス論などの専門科目に加えて、食品ビジネスインターンシップ、フードコーディネート実習、食物学実験などにより広いフィールドでより深く学びます。

3年:広いフィールドで専門分野について学ぶ

4年:卒業研究で集大成

最終学年となる4年次には、これまでの専門分野の学びをもとに、各自が選んだテーマにより論文を作成する卒業研究を行います。さらに、人材マネジメント論や食品企業と社会的責任などといった社会に出てから実践的に役に立つ専門科目も開講しています。

4年:卒業研究で集大成
必修科目
1年次 食品ビジネス学入門/調査論/食品ビジネス基礎演習
2年次 食品産業論/食品企業経営学/現代農業論/資源と環境の経済学/フィールドリサーチ
3年次 食品マーケティング論/アグリビジネス論/世界のフードシステム/食と農の社会学/食品ビジネス演習I
4年次 食品ビジネス演習Ⅱ/卒業研究
選択科目
1年次 食の経済学/消費者と企業の経済学/マクロ経済学/食品産業の歴史/食と農の経済史/食生活論/食と素材/調理学/食品栄養学/プレゼンテーション入門
2年次 産業組織論/食品経済統計学/簿記入門/会計学の基礎/食品ビジネス戦略論/国際貿易・投資論/農村資源の保全と活用/スローフード論/フードコーディネート論/食品の官能評価・鑑別論/食品加工論/食料生産実習/海外フードシステム現地研修/調理学実習/フィールドリサーチ特別演習
3年次 フードサービス論/経営分析論/食料政策/地域経済論/グリーン・ツーリズム論/日本と世界の食文化/消費者行政/食品安全論/食品衛生管理学/食品デザイン論/食品の企画と開発/フードスペシャリスト論/食品ビジネスインターンシップ/食品ビジネス特別講義/フードコーディネート実習/食物学実験/食品ビジネス特別演習I
4年次 食品関係法/人材マネジメント論/ロジスティクス論/食品企業と社会的責任/NGO・NPO論/食品ビジネス特別演習Ⅱ

pagetop pagetop