ゼミ紹介

食品開発学研究室(若林ゼミ)

担当教員紹介

若林素子 教授

若林素子 教授

(わかばやし もとこ)

教授/博士(理学)

担当科目

食と素材/食物学実験/調理学実習

現在の研究テーマ

[1]食べ物のおいしさを成分分析や官能評価を組み合わせて科学的に解明する
[2]食品の香り成分を分析し、香り成分の構造と香りの特徴の関連を調べる

教員メッセージ

自分が今やるべきことに対して積極的に取り組む学生を応援したいと思っています。「おいしい食品」の謎を解明したい人、「新たなおいしい食品」を作りたい人、高校までの理系・文系に関わらず、歓迎します。

主なゼミの内容

「おいしい食品」の定義は何だと思いますか?我々の研究室では、ヒトが味わい、嗅ぎ分けることにより、おいしさを数値化する「官能評価」と、食品成分や食品物性を分析する「機器分析」の結果を組み合わせ、「おいしい」を科学的にとらえる研究をしています。ゼミでは、食品のおいしさ研究の流れを学び、食品開発のための基礎的な力を養っていきます。官能評価や食品分析を体験しながら、文系・理系の学びを融合させ、新しい食品の開発提案に取り組みましょう。
具体的なゼミとしての活動事例は以下の通りです。3年生:論文輪読と論文紹介、学部祭模擬店商品開発・販売、JAさがみとの農産物研究・レシピ開発共同事業参加など。4年生:卒業研究、ゼミ生提案による楽しいイベント多数。

主な卒論テーマ

  • 加熱鶏肉の硬さに下処理がどう影響するか
  • 豆乳ヨーグルトの調製と嗜好性
  • おからを使用した嗜好性の高いパンの調製
  • 新型コロナウイルス後の食生活の変化を調べる
  • 成長に伴う嗜好の変化を探る
  • 大学生の健康意識に関する調査
  • 非常食のおいしさを評価する
  • 大学生の低カロリー食品に対する意識と実際
  • 大学生に好まれるシュークリームのクリーム比率を調べる
  • コーヒーの嗜好性を決める要因は何か

など

主な就職先

三井食品(株)、フンドーキン醤油(株)、四国化工機(株)、(株)河内屋、東京デーリー(株)、さがみ農業協同組合、サンヨー食品(株)、(株)ローソン、(株)シジシージャパン、東都生活協同組合

ゼミの風景

卒論実験のためには試料調製も正確に!

3年生ゼミ活動。オリジナルのレシピを開発します。

感染防止対策万全で学ぶ3年ゼミ

3年生は4年生の卒論官能評価で舌と鼻を鍛えます。

pagetop pagetop