コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
日本大学 生物資源科学部 生命化学科
ホーム 研究室紹介

研究室紹介

環境微生物学研究室

未知の機能を持った微生物を見つけ出し、その機能、生理・生態を研究し、環境の維持や修復に応用することをめざしています。地球温暖化の解決を目的とした研究では、温室効果ガスを削減する微生物を日本湾岸域のアマモ場(稚魚の隠れ家)から探し出すことに成功し、現在培養を試みています。

発酵化学研究室

微生物の代謝の一過程である発酵を通じて生活に有効な物質を作り出し、そのメカニズムを解明しています。沖縄の発酵食品・豆腐ようの赤色色素でもある、ペニリウムという微生物が作る色素は、天然にはまれな鮮やかな赤色で食品・化成品・化粧品などの着色料としての実用化をめざしています。

食品化学研究室

大豆タンパク質を脱アミド化することで、青臭いニオイがせず、水もしみ出てこない、ババロアのような滑らか食感のゲル状食品を開発しました。 これには骨粗しょう症の予防効果もあります。このように、おいしくて栄養があり、かつ病気を予防する機能を備えた食品を創る研究をしています。

栄養生理化学研究室

生活習慣病の多くは肥満が原因と言われています。 なぜ肥満になるのか?体の中で何がおこっているのか?肥満を予防・改善できるのか?解明されていない問題が多く残されています。 私たちは肥満をはじめとした、さまざまな生活習慣病に対し、薬による治療ではなく、食事による予防をめざしています。...

生物化学研究室

生物が生産する分子の機能について追及し、さまざまな分野に応用することを研究しています。カニやエビの殻に含まれる糖質素材を含んだオリゴ糖の開発研究では、いままでに開発・商品化された機能性オリゴ糖には見られない、大腸の中で特定の善玉菌を選択して増やしていく未知の機能を見いだしました。...

土壌圏科学研究室

土壌資源を継続的に有効活用するために、劣化した土壌の管理法や汚染土壌の修復方法を研究しています。 土壌の肥沃度を高める研究では、雑草のクズやアブラナ・稲ワラなどの植物残渣(不要物)を加熱することで得られる有効成分の種類や量について実験中で、化学肥料との併用をめざしています。また、...

植物栄養生理学研究室

植物の生存機能の解析を通して、健康に役立つ機能性植物、汚染土壌を浄化する植物、植物バイオマスのエネルギー転化、環境にやさしい微生物肥料などを研究しています。カドミウム濃度が高い汚染土壌でも生育するミゾソバという雑草を用いた研究では、カドミウムを吸収させて土壌浄化する方法を解明中で...