メインイメージ
ホーム > 動物生殖学研究室

動物生殖学研究室

ブタは、食肉生産に欠かせない重要な家畜です。 さらに、解剖学的および生理学的に人間との類似性が高いことから、実験動物としても利用されてきました。 実験動物としてブタの利用性を増すには、疾患モデルに代表されるモデルブタの開発が欠かせません。 そのためには、関連する様々な発生工学的手法を開発する必要があります。 さらに、これらの技術開発のためには、基礎的なブタの繁殖生理学を追求することも欠かせません。 本研究室では、特にブタを中心に、幅広い研究に取り組みます。

教員紹介

大西 彰(ONISHI, Akira)教授

専門分野 家畜繁殖学
主な研究課題 遺伝子組換えブタの研究開発
担当科目 [学部]生命工学、動物資源科学概論、動物生殖学
 

三角 浩司(MISUMI, Koji)准教授

専門分野 家畜繁殖学
主な研究課題 ブタ胚の超低温保存研究
担当科目 [学部]生命工学、動物生殖学、動物生殖学実験
研究室への連絡先

日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科 動物生殖学研究室(6号館4階)
TEL:0466-84-3659(大西)、0466-84-3641(三角)

Copyright © Nihon University. All Rights Reserved.  ホームページ制作