メインイメージ
ホーム > ミルク科学研究室

ミルク科学研究室

みなさんが毎日食べている米や麦は本来それぞれの子孫となる種子であり、肉や魚はそれぞれの体の構成成分です。 したがって、食糧として作り出された天然物はまさにミルクだけです。新生動物はミルクだけを飲んで成長できるので、ミルクには他の食材にない栄養的特徴と数々の生理機能があります。 当研究室は、このようなミルクの特性を生かしてヒトの健康維持に有用な、しかもおいしい乳製品の創製を目指しています。

教員紹介

増田哲也(MASUDA, Tetsuya)教授

専門分野 酪農化学
主な研究課題 Lactobacillus acidophilus のプロテアーゼ・リパーゼに関する研究、プロバイオティク系乳酸菌を含むフレッシュタイプチーズの開発
担当科目 [学部]基礎生化学、ミルク科学、動物資源化学実験、化学実験の基礎、微生物学実習、生体成分研究法、動物性食品科学実験、動物資源 科学演習、卒業研究
[大学院]生物資源利用学特講Ⅰ、生物資源利用学演習Ⅰ、生物資源利用科学特別講義Ⅰ、生物資源利用科学特別研究Ⅰ、生物資源利用学特講Ⅱ、生物資源利用 学演習Ⅱ、生物資源利用科学特別講義Ⅱ、生物資源利用科学特別研究Ⅱ

川井 泰(KAWAI, Yasushi)准教授

専門分野 応用微生物学
主な研究課題 乳酸菌が生産する有用物質(抗菌ペプチド等)の機能解析
担当科目 [学部]微生物学、肉と卵の科学、化学実験の基礎、動物性食品保蔵学、動物資源科学実験、微生物学実習、動物性食品科学実験
[大学院]生物資源利用学特講I、生物資源利用学演習I
研究室への連絡先

日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科 ミルク科学研究室(6号館4階)
TEL: 0466-84-3662(増田)、0466-84-3658(川井)
研究室のサイト http://hosono.biz/ms/index.html

Copyright © Nihon University. All Rights Reserved.  ホームページ制作