獣医学研究

獣医学臨床教育Veterinay Clinical Education

学生教育:ローテーション教育

獣医学科5年生後期に学生全員が小グループに分かれて病院の診療実習をおこないます。6診療科を各1週間ずつのローテーションをしながら実際の臨床例の診断や治療などについて指導教員や研修医とともに実習をおこないます。これにより診療の進め方や考え方を学生の頃より教育します。

このページのトップへ

獣医師卒後研修Veterinary Clinical Training After Graduation

獣医学科を卒業し獣医師免許取得後に付属動物病院の研修医として診療にあたります。4年間のコースになっており、最初の2年間は全診療科をローテーションしながら診療をおこないます。後半の2年間は専門診療科に所属し、より専門的な診療を行います。(※基本的に新卒の方を対象にお受け入れしております。)
この他に個人の診療施設に所属しながら週に1回程度専門診療科に研修をしに来る無給研修医の制度もあります。

このページのトップへ

獣医学生涯教育Veterinary Continuing Education

獣医師は卒業後も生涯にわたって研修することが必要です。ANMECでは毎月1回程度ANMECセミナーを開催し、周辺の獣医師向けのセミナーを開催しています。日本大学の教員を始め、他大学や海外の先生にも講師として講演をお願いし生涯教育のプログラムを充実させています。

このページのトップへ