病院について

ANMECの概要About ANMEC

日本大学動物病院(Animal Medical Center: ANMEC)は文部科学省大学設置基準に基づいて獣医系大学に設置が義務付けられている教育・研究機関です。従って、ANMECは社会に貢献できる獣医師の養成機関としての大きな役割を担っておりますが、大学病院として、飼い主の要望に最大限応じられる最先端獣医療を提供するのも重要な役割です。2つの目的を達成するためにANMECは開設以来、施設と設備の充実に積極的に取り組んでおり、その結果、大学病院として国内有数の診療実績を上げております。診療に携わる臨床教員はANMECにおける研究成果を積極的に社会に発信しており、獣医師の卒後教育と獣医療の発展に大きく貢献しております。なお、ANMECは登録商標です。

このページのトップへ

ANMECの沿革History

平成7年
(第1期工事)
世田谷校舎から湘南キャンパスに新設移転、2階建コンクリート造り総面積1359㎡、CT, MRIなど設置。
平成12年
(第2期工事)
診察室、研修医室、資料保管室など246㎡増築、総面積1600㎡。
平成17年
(第3期工事)
1階の待合室とX線撮影室の拡張、6診察室と共用処置室、超音波検査室、2外科手術室、術前入院室、術後回復室、放射線治療室、感染隔離室、病理解剖検査室そして慰霊室の新設、2階には遺伝子診断検査室、精密分析機器室、病理検査室、医療情報図書室、研究室、研修医室、カンファレンス室など2100㎡増築、総面積3700㎡。
平成18年
(第4期工事)
平成12年以前の旧病院エリアのカンファレンス室、犬猫の入院室、供血猫室、内視鏡室の増改築、CT, MRIの更新、放射線治療装置の設置。
平成23年
(第5期工事)
受付室と研修医室の拡張103㎡、総面積3800㎡。

このページのトップへ

ANMECの特色Feature

  1. 学生教育
    学生が実際の臨床を見学・体験できる場としてANMECは大いに活用されています。獣医学科のカリキュラムでは、獣医学科5年生を対象に各診療科をローテーションする参加型臨床実習が行われ、主治医および研修医による診療を補助することにより診断と治療について体系的な学習をしています。
  2. 研修医制度
    ANMECは獣医師に対して卒後臨床研修を行っており、農林水産省により研修機関として認定されています。その目的を達成するために、全診療科研修(2年間)と専門診療科研修(2年間)の計4年間の臨床研修プログラムを全国の獣医系大学に先駆けて確立し、実施しております。
  3. ANMECセミナー
    卒後教育の一環として、臨床獣医師(開業医、勤務医、研修医など)や学生を対象に一線で活躍している学内外をはじめ海外からの講師を招いてセミナーを開催しています。本セミナーは日本獣医師会の生涯研修プログラムに認定されています。セミナー日程は、本ウェブの「お知らせ」をご覧下さい。

このページのトップへ

「Student Doctor」制度についてStudent Doctor

院内では「Student Doctor」あるいは「Student」の表示があるネームプレートを着用した学生がいます。「Student Doctor」とは、動物病院において獣医学科学生が参加型臨床実習で診療に参加する際に、その学生の知識、技能、態度が一定水準以上であることを保証したものです。「Student Doctor」を取得するためには、獣医学教育支援機構による共用試験に合格する必要があり、共用試験は5年生の前期に受験します。なお、「Student」は獣医学科4年生あるいは共用試験認定外の学生であることを示しています。

このページのトップへ

病院長の挨拶Message

中山 智宏(Tomohiro NAKAYAMA)

日本大学動物病院(ANMEC)の役割は、動物に対する高度獣医療の提供と獣医学教育です。獣医療においては、地域の動物病院よりご紹介いただいた大切な動物に対して、高度な診断と最先端の治療を提供するために注力しています。飼い主のみなさまやご紹介頂いた動物病院のみなさまからのご要望に最大限応えるために、診療スタッフの充実を図っています。また、病院施設面では、先端的な医療設備を積極的に導入しています。動物の病気を診断することは、人間の言葉を話さない動物を理解することであり、医学にない格別な難しさがあります。したがって診断機器の充実は欠かせず、その例として2015年には320列の検出器を有する最新鋭のCTを導入しました。また、多くの診療科を有する本院では、各科において新たな診断法や治療法を研究および治験を通して臨床実績を積み重ね、質の高い獣医療を提供する施設として維持しています。これらの努力により、本院の診療実績は国内獣医科大学における付属動物病院の中で、常にトップレベルにあります。
 大学付属動物病院は、獣医学科の学生や研修医を教育する施設でもあります。院内で実施する参加型臨床実習に参加する獣医学科の学生は、全国の獣医科大学では実技試験(vetOSCE)に合格しており、臨床実習を行うための基本的な臨床能力を確認し、学生の質を保証されています。そのほかにも獣医学の基礎を学ぶため、獣医学科4年生も指導教員の補助を行っています。したがって、診療中に複数の学生が診察室に入室することがあります。学生教育に際しまして、飼い主のみなさまに失礼がないように心がけてはいますが、ご迷惑をお掛けしてしまうかも知れません。この点につきましては、次世代の獣医療を担う人材育成の一環として、少しでもご理解いただけましたら幸いでございます。
 本院は獣医師(研修医)に対して卒後臨床研修を行っており、農林水産省により研修機関として認定されています。指導教員のもと、病気の基礎的な診断および治療について学ぶだけでなく、高度医療を身につけ社会に貢献できる獣医師を育成しております。
 本院およびスタッフは獣医療を通じて、飼い主様が大切な動物とより幸せな毎日を過ごせますよう、労を惜しまず取り組んでおります。

中山 智宏(Tomohiro NAKAYAMA)
平成27年12月就任

このページのトップへ