病院について

手術についてOperation

外科用X線撮影装置(Cアーム)、超音波メス(CUSA)、超音波凝固切開装置(LigaSure)、手術用顕微鏡など最先端の手術機器に加え、専門的な手術に必要な道具が揃っています。麻酔導入室、陽圧手術室、一般手術室に分かれており清潔な状態を保っています。

このページのトップへ

入院についてHospitalized

犬入院室、猫入院室、集中治療室(ICU)、回復室(監視室)に分かれています。ICUには緊急時に必要な薬剤、モニターが揃っており、重篤な動物はICUに入院します。回復室は手術後、状態が不安定で特に監視が必要な動物は入院をさせて、獣医師が重点的に治療を行います。

このページのトップへ

施設についてFacilities

診察室 飼い主の方からお話しを聞きながら、病気の動物を診察します。
処置室 病気の動物をお預かりして、治療や検査をいたします。
調剤室 処方した薬を用意します。薬が用意できるまで、お待ちください。

このページのトップへ

設備についてEquipment

CT X線用いて体の断層像を撮像する機器です。腫瘍の診断をはじめとして、多くの疾患に利用されています。
MRI 磁場を用いて断層像を撮像する機器で、主に脳と脊髄の診断に用いられます。
ライナック 強力な放射線を患部に的を絞って照射し、悪性腫瘍を治療する機器です。
レントゲン 画像診断法として、もっとも歴史があり、現在ももっとも頻繁に使用されている機器です。
超音波 超音波診断装置によって痛みや傷を伴うことなく体の中を描出することができます。特に心臓や腹部の臓器で結うような検査となります。
人工心肺装置 心臓や大血管の手術で使用されます。人工心肺装置は、心臓と肺の代わりとなる器機によって体の血液循環を完全または部分的に補い、安全に心臓血管手術が行えるようにします。
内視鏡 内視鏡は消化管内の異物摘出や胃がん、リンパ腫、胃腸炎などの診断に有用です。また食道狭窄の際にバルーンで拡張させたり、ポリープを内視鏡的に切除することも可能です。この他にも鼻腔、気管、気管支など呼吸器系や尿道や膀胱などの泌尿器系にも用いられます。
眼科検査器具 スリットランプ、眼圧計、眼底カメラなど眼科診療専用の検査器具を使用して目の状態を確認します。記録した写真と模型を使用して判りやすい説明を心がけています。
検査室機器 検査室には、迅速にいろいろな血液検査を行うために、自動血球計算機、生化学測定装置、遠心機、顕微鏡など多くの分析機器があります。

このページのトップへ