植物医科学研究室

研究内容

病原微生物やウイルスによる植物の病気の原因を細胞および分子レベルで解析し、植物病と遺伝子やタンパク質、光波長、植物ホルモンとの関係を調べています。



光によるいもち病
抵抗性の活性化
イネいもち病は、日本で最も大きな被害をもたらす植物病の1つです。青色光を照射すると、イネが本来持っている抵抗性が活性化され、病気が著しく少なくなります。抵抗性の活性化を引き起こすイネの遺伝子やそのメカニズムを明らかにします。


キュウリのウイルス病害抵抗性機構と
それを支配する遺伝子
ウイルスは、生きている細胞にのみ複製および増殖を可能とします。すなわち、生きた細胞が生産するタンパク質の中で、ウイルスが利用するタンパク質を明らかにすれば、ウイルス病に強い植物の開発が期待できます。本研究では、ウイルスの複製と増殖をサポートしている植物の遺伝子とタンパク質を調べています。

トマト青枯病細菌の
遺伝子診断
トマト青枯病は多くのナス科植物に感染し、枯死させる等の大きな被害をもたらします。病原細菌は何年間も土壌中に生存し、トマト等のナス科植物を植えると発病させます。このため、遺伝子診断によって土壌中の細菌密度と発病程度の関係を調べ、有効な防除対策を立てることを目的としています。

主な科目




本講義では、植物が病気になる原因や病気に罹りやすくなる理由を調べ、病気になりにくい品種の開発や育て方を明らかにするための知識を身に付けることを目的としています。このために、顕微鏡による細胞レベルあるいはPCRによる遺伝子レベルの診断法を利用して植物の病気の原因を調べます。また、品種や光によって病気に罹り難くなった植物の細胞レベルや遺伝子レベルの変化を明らかにする方法や技術を学習します。
分子育種による新たな品質や機能性を付加した品種を開発するためには、植物および微生物のもつ遺伝子情報ネットワークを調べることが重要です。本講義では、植物や微生物からのDNAやRNA抽出法からPCRによる遺伝子増幅、次いで遺伝子クローニング法までの一連の実験法とその理論について学びます。さらは、DNAの塩基配列決定や組換えタンパク質の作製法と精製法についても学習します。

教員紹介

教授 北 宣裕 Prof. Nobuhiro Kita 地元藤沢の農家とも連携しながら、学生の皆様と一緒に研究の入り口から出口まで幅広い視点での植物医科学研究を目指して尽力したいと思っています。
准教授 井村 喜之 Assoc. Prof. Yoshiyuki Imura ウイルスと植物の遺伝子をいじくりながら、分子レベルおよび細胞レベルでウイルス病の原因究明と病気に強い植物の開発を目指します。
特任教授 藤田 佳克 Project Prof. Yoshikatsu Fujita 病気を防ぐ方法の1 つとして、病気に罹りにくい品種(抵抗性品種)が利用されています。病気に罹りにくい性質がもっと強く現れる条件を明らかにし、抵抗性品種有効な利用法の開発を目指します。










生命農学科プロモーションサイトはこちら