応用昆虫科学研究室

研究内容

人間やその環境には安全で、昆虫だけに病気を引き起こす天敵微生物を利用して、害虫の増加を抑える研究や遺伝子解析などの分子生物学的研究を行っています。



農作物害虫から分離した
微胞子虫株の有用性の検討
微生物防除資材として有望視されている微胞子虫を野外の害虫から分離し、宿主害虫へ接種して病原性を調査しています。また実用性のある有用株がカイコやミツバチなどの益虫に感染しないかをチェックしています。



昆虫から分離された微胞子虫
病原微生物の
DNA診断手法に関する研究
昆虫に病原性を示す微生物を屋外に散布した場合、微生物の残留性や拡散状況をしっかりと捕捉する必要があります。そこで病気に感染しているかを調査する技術(総合的病原微生物診断技術:HDGP法)を新たに開発し、実用化に向けた取り組みをしています。



HDGP法による電気泳動図
屋外環境における
害虫の発生状況調査
害虫の発生状況は毎年異なります。そこで農作物が栽培されている現場で、雄の害虫を誘引する性フェロモントラップを使ったり、食害を受けた作物を直接採取して、害虫の発生状況を調査しています。




畑作害虫採取の様子

主な科目




昆虫は多様性と変異に富み、地上最大の動物群として繁栄して、人間生活や文化のすみずみまで関与しています。昆虫の機能や行動を利用した昆虫テクノロジーの発展や昆虫を大きな可能性を秘めた生物資源として考えて個体群から遺伝子レベルでの広範な分野に役立てようとする研究も進展しています。そのため、昆虫の特性や人間生活との関わりなどについての理解を深めます。
農作物の害虫防除対策として、食の安全・安心意識の高まりとともに化学農薬に頼らず天敵昆虫や天敵微生物を導入した環境にも優しい新たな害虫制御技術の実践や利用研究が盛んになっていますが、それらの導入例や資材化研究の最前線の話題について学びます。
ゲノム科学の世界は急速に各分野に広がっています。この講義はゲノム解析情報を基盤として昆虫の病気の原因となる寄生性生物や物理的・化学的要因について理解し、昆虫が病気を発症し、死に至るまでの連鎖を解説します。また、昆虫個体群における感染病の発生に及ぼす要因についても解説します。

教員紹介

准教授 畠山 吉則 Assoc.Prof. Yoshinori Hatakeyama 化学農薬を使用しない作物栽培を実践するために、昆虫感染性微生物を遺伝子レベルで研究しています。また散布した微生物をモニタリングする技術も研究しています。
助手 山本 裕一 Research Assist. Yuuichi Yamamoto 昆虫にだけがかかる病気を利用することで、化学農薬を減らした農業が可能になります。次世代の農業に繋がる食の安心安全を考える基礎的な研究をしています。
特任教授 岩野 秀俊 Project Prof. Hidetoshi Iwano 農作物の害虫防除のため、化学農薬に替わる天敵微生物を活用した新しい防除体系の確立を目指しています。昆虫に対して病原性を示す微生物有用株の探索や導入・利用を試行しています。










生命農学科プロモーションサイトはこちら