遺伝育種科学研究室

研究内容

ゲノム情報を利用して品種開発を加速させる

私たちは、イネや果樹などを取り上げて、その遺伝的多様性や重要な特性の遺伝解析を進めています。表現型およびDNAを解析し、関連遺伝子座の検出、形質と連鎖したDNAマーカーの開発、効率的な選抜法の研究などを行います。



果樹の量的形質の遺伝解析と効率的な選抜法の開発 QTL解析などにより形質と連鎖するDNAマーカーの開発が可能です。一方、実用形質は量的形質が多く、それを支配する全ての遺伝子についてDNAマーカーを開発するのには困難があります。果樹育種における実用形質の遺伝を解明するとともに、表現型および開発されたDNAマーカーによる選抜の効率について解析します。





イネ日印雑種を用いた種子休眠性および葉の枯れ上がりに関する遺伝解析 種子休眠性は、穂発芽耐性や発芽斉一性に関わる農業上重要な形質です。一方、イネでは登熟期以降に植物体の下の葉から枯れ上がっていく現象が見られ、老化葉の分解産物は栄養素として新しく形成される器官へ分配されています。種子休眠性や葉の枯れ上がりを制御する遺伝的メカニズムを明らかにし、栽培や品質の向上へ役立てることを目指しています。







大規模配列情報を利用した遺伝解析 近年急速に発展した次世代シーケンサー(NGS)を用いることで、一度に大量のゲノム配列情報を得ることができるようになりました。NGSから得たゲノム配列情報を駆使して連鎖地図の作成や有用遺伝子の探索を行っています。現在は特にパインアップルのカロテノイド蓄積量の品種間差に着目しており、NGSを利用して品種間差の原因となる遺伝子の探索を行っています。



主な科目




遺伝学や生理学の知見を基盤にした植物科学は,栽培技術や品種改良の発展を通じて人の健康・福祉に大きく貢献してきました。一方,近年の生命科学の発展により,植物の成長にともなって示す発芽,花序形成,開花などの生物現象のメカニズムが分子レベルで解析されつつあります。生命科学の最新の知見を取り上げて解説し,耐病性,ストレス耐性,開花調節など農学への応用の方向性について考察します。
ライフサイエンスの進歩とバイオテクノロジ-の発展は顕著です。世界各国はバイオテクノロジ-への取り組みを強化しており,分子育種によって育成された作物品種の栽培面積は急激に増加し,世界の食糧供給に寄与しています。遺伝子組換え技術を使った分子育種を理解するためには,従来の育種法の理論と分子生物学の基礎知識が必要です。
植物を対象にしたバイオテクノロジーの基本原理,関連する生命現象および基本的な技術について解説します。農業分野におけるバイオテクノロジーを用いた取り組みの実例を紹介する予定です。また,植物を食糧ではなく医薬原料などの有用物質の生産工場につくりかえようとする分子農業についても触れ,付加価値の高い次世代の農業について考える機会を提供したいと考えています。

教員紹介

教授 山田 昌彦 Prof. Masahiko Yamada 実用形質の遺伝を解明するとともに、表現型選抜に加え、DNAマーカー選抜の効率的方法に取り組みます。
准教授 宍戸 理恵子 Assoc. Prof. Rieko Shishido 毎日食べているお米に魅力を感じて,DNAに刻まれた稲の歴史や栽培に役立つ遺伝子の探索を行っています。
助教 奈島 賢児 Research Assoc. Kenji Nashima 大規模な遺伝解析を通じて、DNAマーカーの開発や有用遺伝子の探索を行っています。










生命農学科プロモーションサイトはこちら