生命農学科はここが違います!

最近、高校生物の教科書が大幅に改定され、遺伝子についての学習に重点が置かれるようになりました。生命農学科は、この生命科学を実用面(農学)で応用するために必要な知識・技術を学び、農学の発展に寄与する研究を行うためにつくられた学科です。従って、これからの社会のニーズにあわせた卒業生を育成するため次のようにかわりました。

1.従来の農学だけでなく、生命科学を取り入れたカリキュラム

新しい生命農学科のカリキュラムに対応するため、遺伝子工学や分析化学に関する最新の施設や機器の導入を進め、ひとり、ひとりが実際に手に取ったり、操作して実験ができたりするように取り揃えました。

2. 生命科学に関する実験設備や分析機器を充実、研究費も重点配分

最近、高校生物の教科書が大幅に改定され、遺伝子についての学習に重点が置かれるようになりました。生命農学科は、この生命科学を実用面(農学)で応用するために必要な知識・技術を学び、農学の発展に寄与する研究を行うためにつくられた学科です。従って、これからの社会のニーズにあわせた卒業生を育成するため次のようにかわりました。

3. 農業試験場(研究職)や農学専門職(開発職)、大学院進学を目指す人材を育成

将来の食料問題や環境問題を解決していく人材を輩出するよう学科教員や学科校友会でバックアップしていきます。また、専門職採用試験に合格できるよう学科独自の対策講座も充実しています。









生命農学科プロモーションサイトはこちら