Correspondence生命農学科通信

Correspondence生命農学科通信

生命農学科通信

生命農学科通信vol. 11「オープンキャンパス」

2018年夏のオープンキャンパスが8月4日と5日に開催されました。

学科説明会、個別相談、模擬講義に加え全8研究室がオープンになり研究内容や学生生活を説明しました。

 

農作物の育種に関する研究や技術の説明、根域の温度を制御する装置(N. RECS)、様々な香りの体験とその成分についての展示

  

 

カイコのつくるシルク、ウィルスやバクテリアの展示、都市緑化術や生態に関する展示

 

 

ジベレリン生物検定体験では、来場者の方々に植物ホルモンのジベレリン点滴を行ってもらいました。

点滴から、2日目の結果がこちらです。

  

 

※ラベルの番号は受付番号です。

様々な濃度のジベレリンを点滴してもらいましたが、結果はいかがでしょうか?

 

来年のオープンキャンパスも生命農学科が分かる魅力ある企画を用意しますので、是非来てくださいね。

2018年8月12日

生命農学科通信一覧へ戻る