日本大学日本大学 生物資源科学部 生命農学科

日本大学 生物資源科学部 生命農学科

小田急江ノ島線六会日大前駅からすぐのキャンパスです。徒歩3分

Correspondence生命農学科通信

Correspondence生命農学科通信

生命農学科の魅力と取組みを発信

生命農学科通信 vol.31「シャインマスカットについて」

『植物の謎を解き明かし、未来の農をリードする。』

 

生命農学科の教授について少し紹介させていただきます!

今回は遺伝育種科学研究室の山田教授について☆

  

 

山田教授は国立研究機関でブドウとカキの品種改良に従事し、様々な品種を育成しました。

その成果の一つが、ブドウの新品種「シャインマスカット」です。

1988年から農水省果樹試験場(現・農研機構)で交配・育成が進められ、2007年に苗木販売が実現しました。

山田教授が筆頭の開発者ですが、多くの方が開発に貢献されています。この品種は、病気に強く栽培しやすい米国ブドウと、食味のよい欧州ブドウの特長を合わせ持っており、生産者・消費者のニーズに合致し、ブドウの栽培や消費拡大に大きく貢献しています。

農産物の開発=品種改良には長い期間が必要で、狙ったヒット作をつくり出すのも容易ではありません。

そこで、従来の形質評価に加え、遺伝的性質を判別するDNAマーカーも利用し、果樹の品種改良を効率化するための研究に取り組んでいます。

 

 

日大生命農学科パンフレット

こちらでも山田教授の研究について紹介しています。

パンフレットでは、花の科学研究室の窪田教授の研究内容も紹介しています。

 

 

山田教授は日本育種学会で学会賞も受賞されています。

その時の記事はこちら

生命農学科通信vol. 7

日大生物資源科学部HP

 

受験生の皆さんも是非、このような素晴らしい教授の元で共に学びませんか?お待ちしております!

 

生命農学科の入試情報の詳細はこちらです→

生命農学科入試情報http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~agb/admission_info/overview/

 

 

 

☆生命農学科公式HP
☆生命農学科 公式Instgram
☆生命農学科 公式Twitter
https://twitter.com/NU_BRS_AGB

2020年1月20日

生命農学科通信一覧へ戻る