日本大学大学院 [生物環境科学専攻]
生物の多様性を配慮し、
すべての生物との共存・共生のあり方と生物資源の
保全・活用の持続的・安定的手法や技術を
開発することを目的とします。
環境構成要素の自然的側面(地圏、水圏、気圏、生物圏)と人為的側面(土地利用、環境操作)の関係について分析科学、計画学、応用技術科学等の視点から広く捉えます。その対象は環境ストレスからグローバルな地球環境レベルにまでおよび、科学的なデータ・情報の解析を通してそのあるべき姿を総合的に考究します。具体的には、ストレス耐性科学、環境計画学、環境創造保全学、環境情報科学の各分野から構成される生物環境科学にかかわる講義・演習を通して、基礎ならびに応用研究手法・技術を指導し、優れた研究能力と高度の専門技術を備えた人材を育成します。
講義概要のお問い合わせ・ご意見・ご質問などお気軽にメール下さい。
専攻主任 教授 
上田 眞吾 shingo@brs.nihon-u.ac.jp

 


Nihon University
Graduate School of Bioresource Sciences Master's Course & Doctral Course
Graduate School of Veterinary Medicine Doctor's Course